春秋航空のフライトに乗る際にはチェックインはどうするの?

LCCでは、色々な面で簡素化されています。春秋航空ももちろん、この点で簡素化が進んでおり、チェックイン手続きも基本的にはセルフサービスとなります。では、スムーズな手続きを行うために、どんなチェックイン手続きをすれば良いのでしょうか。

春秋航空のフライトに乗る際にはチェックインはどうするの?

LCCを利用する際の不安と言えば、航空券の予約もそうですが、チェックインをする時も、現地にちゃんと到着できるまで、自分のやり方は正しかったのか不安になります。そこで、春秋航空を利用する方のチェックイン方法などについてご紹介したいと思います。

春秋航空に乗る場合、チェックインには何が必要なの?

LCCというのは、セルフサービスで航空の予約からチェックインまでするという話を聞いたことがある方は多いでしょう。それによって、航空券の値段を安くすることに成功しているのですが、春秋航空では、どんなチェックインの仕方が採用されているのでしょうか。

他のLCC同様、春秋航空でも、チェックインは機械化されています。これは人件費をカットするためなのですが、機械がどうしても苦手でやり方がわからないという方はもちろんいますよね。そんな時には、必ず、そこに係の人がいますから、その人に聞きながらチェックインを手伝ってもらうことができます。

ですので、そんなに不安に感じることはありません。また、注意しなければならない点は、座席指定などを大手航空会社のセルフチェックイン機械では行うことができます。

しかし、春秋航空の機械では、そういったことはできません。機械(航空会社)がランダムにあなたの座席を決めます。ですので、全体的に、乗客が選択したりすることはないので、かなりシンプルなチェックインとなります。

春秋航空のチェックインは行先によってやり方が異なる!?

行先によって春秋航空のチェックインの仕方は異なるといううわさがあります。これが本当かというと、本当です。国内線は機械を使ってセルフチェックインが可能ですが、国際線フライトに搭乗する方は、春秋航空のカウンターに行ってチェックインをすることになります。

これはなぜかというと、国内線の場合には、パスポートをチェックする必要がありませんが、国際線は当然パスポートが必要になりますので、それをチェックするためになります。ですので、春秋航空の国内線に乗り慣れている方は、いつものようにチェックインしようと思って、機械の方に行き、時間がギリギリになってしまったなんてことにならないようにしてください。

ちなみに、国内線フライトの場合には、出発時間の35分前までにチェックインを済ませ、国際線の場合には、90分前までには手続きを済ませてください。預け荷物をするつもりはなかったけども、手荷物として持ち込めなかったものがあった場合には、預け荷物をする必要があります。そんなタイムロスも考慮し、余裕をもって行動しましょう。