1番気になる!春秋航空の飛行機自体の安全性は大丈夫なの?!

中国の航空会社だし、あまり聞いたことがない航空会社だしということで、春秋航空に搭乗したいけど、ちょっと不安なんて思っていませんか。そんな方が1番気になる春秋航空の安全性について、過去の事故歴などから見ていきましょう。

1番気になる!春秋航空の飛行機自体の安全性は大丈夫なの?!

声を大にしては言えませんが、中国や韓国製品、それに、それらの国が運営しているモノをあまり安心して乗ることができないのが日本人です。そこで気になる、春秋航空の安全性についてと、今まで事故があったのかどうかというのも知っておきましょう。

春秋航空は実質的には無事故の航空会社なのです!

結論から言ってしまうと、実質的な事故は春秋航空にはありません。しかし、中国本土で、ちょっとしたトラブルはあったのですが、それは、機材トラブルではありません。飛行機のトラブルで一番多い原因とされる、天候のトラブルによって、問題があったために空港に引き返したなんてことはあります。

しかし、過去に人身事故などのトラブルは一切起こしていません。そもそも、どの国においても、一定基準の航空整備をするように設けられています。それを下回っては、間違いなく飛行機は飛びませんし、飛んだ場合には、問題が起こってしまいます。

まずは、そんな状態を許さないのが、一般の航空会社のやり方であり、春秋航空も当然ながら、その1つです。ですので、安全面では、全く問題がありません。先述したように、数字的に言っても、トラブルはゼロとなっているので、春秋航空のフライトは安全であり、安心して乗っていただけます。そもそも、LCCだから安全に劣っているということはないので、この点はあまり考慮しなくて大丈夫です。

春秋航空の飛行機の安全性は、日本の航空会社と同じレベル!

安全レベルは、どの航空会社も一定基準が規定法で定められているので、これに甲乙はありません。ですが、実は、よく見ると、飛行機の安全レベルというのは、毎年、専門家によって定められているのです。

もちろん、春秋航空もそのチェックを受けています。過去3年間のデータを見ても、春秋航空の安全レベルは、日本の航空会社である、スカイマークなどと同じレベルなのです。スカイマークも、安全面では、日本人に信頼されていますし、毎便、多くの人を乗せて走っています。

そのスカイマークなどと同じようなレベルであることが、春秋航空では証明されているのです。しかも、たった1年ではなく、過去3年見た上で、そんな状態なのですから、いまだに安全面で怠っていることはありませんし、これが、無事故を貫いている所以でもあるのです。

春秋航空が中国初のLCCということで、値段だけ重視して、安全面にはこだわっていないのではないかと感じている方は多くいるかと思いますが、安全面でも値段面でも満足してもらえるようなLCCだということを、ここではわかっていただければと思います。